2008年10月26日

つりの魅力???

今日は日本語試験が終わった後で、親友と一緒にトンニャット公園に散歩に行った。魚をつりに行った人が多かった。雨が降っても、そのまま座って、つり続けた。つりってはそんにおもしろいのか?彼らは長い間座って、湖の水面をじっと見るのは何のためかな?

魚をとるため?じゃ、そんなことはないね。市場では、魚がいっぱい売れている。魚を食べたかったら、猫に食べさせてやりたかったら、市場に行くほうがいいじゃ?この理由は理論的ではない。では、何で?

集中能力か忍耐能力を練習するためか?それは、メデイアの宣伝のし方だなあ。それは、ちょっとつまらないものじゃないか?趣味っては幸せな気持ちと精神的にリラックス時間をもたらすことじゃないか?つりイコール精神的訓練だと考えば、それは本当に趣味なのか?

落ち着いて、人生のことを考えるため?まあ、たぶんそうかな。。。でも、老人みたいなあ。また、人生のことって、どんなことなのか想像できないわ。

ふうー、趣味っては本当に理解しにくいことだなあ。

じゃ、あくまでも、趣味は個人的なことであり、人々の性格によって違うことだ。理解に力を入れるのは無理だなあ。。。

でも、一度年をとった人と一緒につりに行きたい。つりの魅力を見つけ、味わいたい。。。
posted by ノラ猫 at 18:43| Comment(2) | ただ、しゃべり・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つりはねー、魚を釣った時に、手にビリビリッて伝わる感触がいいんですよ。一度やってみたら分かると思いますよ。

Posted by 村上吉文 at 2008年10月26日 23:26
ビリビリって伝わる感触ですか?初めてそのことを教えてくれました。どうもありがとうございました。将来きっとやってみます。
Posted by mphuong.jp at 2008年10月28日 13:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。