2009年05月04日

POOR ハノイ ???



...交通事故

先月、交通事故に遭って、足がけがをしちゃったから、いつものように5階建ての校舎をうまく上ったり下りたりできなかった。すごく遅かったせいか、友達に待ってくれなかった。そのとき、一人でゆっくりゆっくり上ったり下りたりしながら、後ろから友達の背中を見た私は、「おいてけぼり」という気持ちのようになった。

 

...交通渋滞

連休が4日間続くので、今日ハノイから故郷へ帰った。渋滞に遭ったから、普通の1時半の代わりに、4時間がかかった。交通渋滞は、ハノイ人の常識に入ったほどのことだと認められているが、今日の渋滞はいつもと違い、逆的な質を持っているものへと変わってきた。渋滞は普通、都心や市内への道で起こっている。でも、今日は、反対になって、市外への道路で起こった。

 

車の中から道路を見たとき、回りの人々が誰でもできるだけ早くハノイを出て、故郷に帰りたがっていると感じた。みんなはハノイから逃げているような気がした。目の前に車が一線になって少しずつ動いている同時に、背なかの後ろには別のハノイが次第に現れてきた。私のような田舎者の姿がすでに消え去った、別のハノイへとだんだん変わってきた。自分の新しい姿を見たら、ハノイはどう考えているか、どう感じているかと、私は本当に知りたい。良かったなと嬉しく感じるのか、あるいは寂しく感じるのか?それに、今のハノイの姿を見た私の心には、どんな感じが湧いたら適当であろうか、ちょっと迷っている。

初めは、今のハノイは先月の私のように「おいてけぼり」との状態に陥っているという痛感が湧いてきた。後に残された人の立場に立って、目の前の人々の背仲を見たら、辛くてならないに違いない。そういう風に考えたら、「Poor ハノイ」、「ハノイ、情けないなぁ」と言い出した。

 

世界中の諸国の首都と同じ、文化や歴史や政治経済などの中心地として知られているハノイの豊かさは、各地からの人々を引っ張っている。ハノイに生まれ、育った人々と比べ、各地から来た人は「田舎者」と言っても間違いではないだろう。そう言ったら、ハノイでは「田舎者」が圧倒的に集まっていると思う。その圧倒的な存在のせいか、ハノイはいつもにぎやかで、活気がある大都市と言われている。普通、田舎者はハノイで一年の4分の3を過ごし、お正月のように大事なエベントか連休の際しかに故郷に帰らない。田舎者の心には、ハノイで暮らす時間がどのぐらい経っても、ハノイはなかなか故郷のような親しい所になれないかもしれない。ハノイが人間だとすれば、人々が気軽で自分のところを振りかえず、うんと出かける姿を眺めたら、「おいてけぼり」だと感じ、寂しくなるだろうか。

その可能性がないわけではないが、別の面で考えれば、ハノイが寂しくなんてならないどころか、面倒くさい田舎者たちをつまみ出せて、嬉しくなるかもしれない。

 

田舎者が多すぎているので、ハノイには交通、住宅や環境に関する問題がいろいろ出てきた。ハノイはいつも田舎者の嫌な存在を我慢し、負っていると言っても過言ではないかもしれない。もさか田舎者の姿がすべて消え去ったら、ハノイが元の美しさに戻れるのか。必ずしも戻れないとは限らないだろう。ハノイが特別な美しさを持っていると、誰も否認できないと思う。発展中の近代的な町の中心には旧市街も村も生き生きと残っているのは、ハノイの特徴だと思う。両側、そして真ん中にも木がずらりと連ねている道がところどころある。この緑の道で運転するとき、葉がバラバラ散るのを見るたびに、ハノイが二階に別々分かれているような気がする。バイクを運転する人々のヘルメットが境としたら、土地からヘルメットまでの「太く短く」の空間は1階であり、そして、ヘルメットから空にかけての「太く長く」の空間は2階である。渋滞時ヘルメットがはるかにうんと詰まったり、空気が悪くなったり、1階が狂って膨らむように見える。一方、葉がサラサラ落ちたり、風がさっと吹き抜けたり、2階は気楽に落ち着く雰囲気に囲まれるように感じられる。ヘルメットの平面が長細い線へと縮んだら、2階は1階に入り込めるだろう。そのヘルメットの平面を縮めるために、田舎者がすべて退くしかたないだろう。

 

だから、連休やお正月の数日、田舎者がすべて自分の故郷へ帰り、ハノイをそのまま放って置くのは、「おいてけぼり」よりハノイをリラックスさせる機会ではないだろうか。そういう風に考えれば、ハノイがたぶん喜び、手を激しく振って、私のような田舎者を見送ったかもしれない。

 

まあ、あくまでもこんなにバラバラな話は、ただうるさい私の考えに過ぎない。後数日、好むと好まざるとにかかわらず、私はハノイへ戻るべきであるし、そして、ハノイはこんな私を迎えざるを得ない。

しょうがないだろう。

  
posted by ノラ猫 at 11:17| ハノイ 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。