2009年12月17日

越境文学

越境文学」「揺れる言葉」 

「越境文学は外国人作家が書く日本文学」。3年間日本語を勉強しているベトナム人の私は初めて「越境文学」という概念を知った。感動した。越境文学の魅力を感じ、修了論文の研究問題として書こうと思い始めた。以下にはこの問題に関する自分を考えを少し述べてみる。

 

1.            越境文学の存在への疑問

この記事を読んだとき、頭に浮かんできた第一の疑問というのは「どうして外国人、非漢字文化圏出身の人までも母語をとらわれずにわざと日本語で文学を書いたのか」である。不思議だと思う。

 

第141回芥川賞に候補者として入ったイラン人のシリン・ネザマフィさんが挙げた理由は「日本に住み、日本語が一番書きやすい言語になっていた」である。ネザマフィさんと日本語で文学を書く外国人作家としてよく知られているそうであるリービ秀雄さんの場合から見ると、ほとんどの越境作家は日本に長い間日本に滞在したことがあると分かってきた。つまり、これらの作家は日本語能力が高いし、「日本語に対して意識的に結構なっている」と言えるだろう。言葉を変えれば、日本語は90パーセント作家の母語になってきたということではないだろうか。そのため、「日本語は敷居が高い」という壁を乗り越え、日本語で文章を作るのに努力しているかもしれない。

 

たぶん、その90パーセントは外国人作家を日本語で文章を書き始めようと促せただろう。しかし、外国人作家が日本語で次々文学を書き続けるのには十分ではないと思う。日本人作家の日本語で書いてある作品や、翻訳作品と違うところを作る秘密はその10パーセントにあると思う。「言葉の揺れ」を作るという大事な役割を果たす部分だと言っても過言ではないだろう。

 

2.            「言葉の揺れ」= 越境文学の目立つ面白い特徴

「言葉の揺れ」は言葉の組み合わせ方の柔軟性を示す表現である。その微妙な揺れのおかげで、面白い表現を生み出す可能性が高いと言われている。リービ秀雄さんの言った通り、越境文学は言葉の冒険を目指すので、日本人の日本語は「正」と「確」に缶詰めにされるのに対し、外国人の日本語は想像以上の柔軟性・言葉の自由さを得るかもしれない。言葉の揺れにもたらされる面白さは、越境文学の目立つ特徴だと思う。

 

言葉の揺れは、母語として日本語を使う日本人の読者だけではなく、作家自分自身を楽しませている。越境文学の作品を読む日本人は、日本語の表現の新鮮なところを楽しむようである。そして、日本語で作品を作る外国人の作家は、書きながら言語の異を楽しむと思う。自国のことというディテールを日本語にトレースする面白さは、外国人の作家が日本語で文学を書き続けようと促進していくに違いない。

 

ベトナム語と日本語はかなり違うというより語順が逆だと言ってもよい。それで、ベトナム人の私にとっては、日本語で書くのは適当な言葉を探してフレーズを作り、文を一つずつ組み立てていくことであり、言語のジグソーパズルのようなものである。確かに、ベトナム語での考えを日本語にトレースするのは難しく、時間がかかるものだと思う。特に日本語がまだまだ下手な私にとってはより難しいが、やはり外国語で文章を作るのには魅力があり、楽しむことに足りるものでだと思う。

 

3.                      越境文学への日本人の見方

   日本人は、越境文学を巡って異論がたくさんあるそうである。翻訳作品と何か違うのか、日本語で作品を作る必然性が何かなどの疑問が出てきたと聞いた。が、「歓迎すべきこと」だというリービ秀雄さんの主張と賛成した。越境文学のおかげで、日本語が英語のように、国際的に普及する可能性が高いし、日本文学の世界が広がっていくと思う。越境文学をもっと普及させることにより、自国の文化が世界中に知られているのではないだろうか。

  

            以上は日本における越境文学への私の「ざっと」の分析と感想であった。越境文学はけっこう新しい概念だと思うが、もっと普及したら日本文学のみならず、一般的な文学世界においては新鮮なことがどんどん生み出され、広くなるはずであろう。

 

   

posted by ノラ猫 at 01:09| ハノイ ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネザアフィさんの受賞のニュースを聞いたとき、フオンさんなら興味をもつだろうな、と思いました。
作家として成功するのは大変だけど、フオンさんの才能がなら、もしかしたら成功できるかもしれませんね。
Posted by 村上吉文 at 2009年12月19日 15:46
先生

お久しぶりですね。
最近何も書いていなくて本当に申し訳ないと思います。

先生がおっしゃった通り、確か今越境文学に興味を持っています。自分の下手な日本語で作家として成功するのは考えたことがありません(笑)。ただヤンイーさん、ネザマフィさん...の世界はどういう風に作品に日本語反映されるのかを調べてみたいと思っています。
Posted by フオン at 2009年12月20日 20:59
越境文学というキーワードで検索して、このブログにたどり着きました!わたしも今越境文学についてペーパを書いていますが、すごく勉強になりました。またブログに遊びに来たいです。よろしくお願いします☆
因みに私は韓国出身です:)
Posted by UNA☆ at 2010年01月17日 07:13
UNAさん

初めまして!
コメントしてくさだってありがとうございます。よろしくお願いいたします。

越境文学についてのペーパ、頑張ってくださいね。^^ぜひまたこちらのブログにお寄りください。
Posted by フオン at 2010年01月17日 10:25
お久しぶりです
langの方はずっと行ってなかったのですが、元気にやってそうで安心しました。むこうをチェックしてるかどうか分からないのでこっちに書きこみます。
ざっとフォンさんの最近の文章を読んだところ、langの方は11月までですね。今は以前にも増して日本語力が向上していることでしょう。最近の文章も添削してみたいです。
上の越境文学の文章ですが、書く内容がしっかりしていて、日本語の論文を書くのが得意なんだなと感心しました。助詞や末尾の表現で少しアドバイスするぐらいしかしてあげることはなさそうです。
ではまた
Posted by H-jaime at 2010年01月22日 02:11
H-jaimeさんへ

お久しぶりですね。心配してくれてありがとうございます。私、元気で楽しく過ごしていますよ。

ただ、なかなか書けないです。Lang-8もブログも。。。本当に申し訳ないと思いますが。困ってるのは適当で興味があるテーマを見つけられなかったです。理由がはっきり分からないですが、やっぱり書きたいですね。
Posted by フオン at 2010年01月23日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135823746
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。